|_・) EP-10VA。まずは試しプリント!

|_・)さっそく、買ったばかりのEP-10VAの試しプリントを!という話なんですけど。

さぁ、我が家にEP-10VAがやってまいりました!^^

大きさは今まで使っていたCanon MG8230とほぼ同じ。後ろの手差しガイドを開いた状態だと、A3対応だし、角度が水平に近い分EP-10VAの方が後ろに大きくでっぱります。

さてさて試しプリント!

用意するもの:

EP-10VA

Eizo CS230-CN(x-rite i1Dipslay Proで調整済み)

だいたい5000Kのデスクライト

試しプリントに向いてそうなカラー写真とモノクロ写真

エプソン写真用紙クリスピア2L判

いざ!

ソフトウェアはWindows版Adobe Photoshop CC2014(←めんどくさくて更新してない)。

カラー写真はカラー管理をPhotoshopで相対的、プリンタ側は補正無し。

モノクロ写真はカラー管理をEP-10VAで相対的、モノクロ写真の純黒調(デフォルトの硬調)に設定。

上の画像は、どれもプリント後1日以上経ってるもの。

 

ちなみに写真の色調整時はディスプレイの設定を「印刷用(5000K)」にして調整してるので、上の写真はディスプレイを印刷用にし、だいたい5000KのLEDデスクライトで照らし、Nikon D600のホワイトバランスを5000Kに設定して撮っています。(プリントが黄色く見えるのは部屋の蛍光灯の影響で、実際には画面よりクールな感じ)

プリンタ用にディスプレイのキャリブレーションをしてない状態でこれだけ近ければ申し分ないでしょ!?

いやー、さすがEP-10VA…と言いたいところですが、Canon MG8230でプリントしても同じくらいのプリントが出てくるので、プリンタがさすがなのではなくて、EizoのCS230-cnが素晴らしい!!!素晴らしすぎる!!ということになります^^

(逆に言うと、CS230を買う前にさんざんプリントに悩んでいたのはなんだったんだよ!という感じ><。)

しかし、ちょっと気になることがあるんですよねぇ…。

クリスピア20枚とグレーインク1本使っても解明できてないんですけど><。

|_・) CS230とPhotoback続報だよ!

|ロ`) EizoのディスプレイCS230で調整した写真をPhotobackでフォトブックにしてみたよ!その2。

CS230で調整した写真でフォトブックを2つ作ってみました。

今回もPhotobackのRough。ページ数は16ページ。

CS230の設定は、キャリブレーション済みの写真観賞用。(+5000k Ra80のLEDデスクライト)

実際に出来上がってきた写真をWebコンテンツ作成用(左)、写真観賞用(中)、印刷用(右)で比べてみると、

印刷用をもうちょっとYellow寄りにしてちょっと明るくした感じ。

まぁぴったりになることは無いんだと思うけど、思ったより使えるかも。

Photobackいいなぁ。紙質とか、マットな感じとか。ちょっとしたプレゼントとか、写真まとめにもってこいな感じ^^

|ロ`)フォトブック作ってみた!

|_・)試しにフォトブックを作ってみたって話なんですけど!

1枚で見栄えのする写真ってあんまり撮ったことがないというか、撮れないというか。

どちらかというと何枚も撮った写真全部で、その時感じたこととか風景を伝えたいというか。

かといって何かすごく明確なテーマがあるわけでもないので、写真だけ集めても表現ができるかというわけでもなく。

でも言葉で表すのも…^^;

ま、でもとにかく作ってみようと思い立って、フォトブックを作ってみました。

2009年12月に仕事で行ったベトナムで。仕事が早く終わって、ホーチミンから車で2時間くらい、メコンデルタの観光地のミトーへ。

その往復の道すがら車窓から撮った写真。

フォトブック「Viet Nam Landscape」

当時のカメラNikon D90にAi AF Nikkor 35mm f/2(Dなし)を付けて、フォーカスをマニュアルにして。

ピントが全然あってないのはわざとといえばわざとなんです^^;

 

使ったフォトブックサービスはPhotoback。

Photobackサービスが開始された当時から気になってたんですが、作るのは初めてかな?

ちなみに、ディスプレイCS230の設定をWeb向けコンテンツ作成用(6500K)で編集して、そのままアップしてレイアウトしたんですが、届いたフォトブックの写真は写真観賞用(5500K)の設定に近かったです。(つまりはディスプレイで見てたときよりちょっとオレンジ目な感じ)

なので、いま別の写真を写真観賞用で編集して、近日、フォトブックにする予定。

また結果を報告します^^

PhotobackのRough(スクエア15×15cmの合紙製本)を使ってます。

素材感もいいし、いい感じ^^

↓リンクから作品を見ることもできます。

https://www.photoback.jp/Stage/Photoback/PBER-5072161601171751330

 

|_・)CS230が手に入れば…

|_・)やっぱり悩みは尽きませんねぇって話なんですけどねぇw

Eizo ColorEdge CS230-cnを買ったんだから、長年の悩み(ディスプレイの色とかプリントの色とか)が解消する…なーんて幸せなことは…ないんですねぇ^^;

でもCS230が手に入っていろいろとわかったことがあるのです。

  • ウェブ用、写真用、印刷用…それぞれにキャリブレーションが違うので、それぞれの設定を用意して、切り替えて使う。
    一般的なウェブ用(色温度6500K)、写真観賞用(色温度5500K)、印刷用(5000K)は最初から用意されている…、だからそれぞれの用途で切り替えて使えばいいし、キャリブレーターを持ってるなら、それぞれ設定しなおせば…って、それぞれ全然見た目が違うから、それぞれ別に現像しろってこと!!!?え~~~。CS230があればsRGBで調整できるから安心…ってわけじゃないのかよ!!w
  • デフォルトで印刷用の設定があるが、一般的な(色温度5000Kの)設定なので、自分のプリンタ用の設定は別に手動で作成する。
    印刷用の設定があるならとプリントしてみたけれど…やっぱり全然違う…。てことで、印刷用でまず画像を現像して、プリンタでプリント→CS230-cn付属のColorNavigator6で手動調整→その設定でもう一度現像してプリント…おお!ちゃんと出てる!!ま、これで家でプリントするのも楽になるかなぁ…データは増えるけど><。

…つまり、ウェブ用、写真用、印刷物用、プリンタ用で…データファイルも用意して現像する必要が…大変になっただけじゃんw

|ロ`)あー、色って色々面倒なんですねぇ。

追記:

でもさ、でもさ、ふつーの人がCS230-cn使うとしたらさ、パソコンで見るウェブ用、自宅プリンターで出力する自宅プリンタ用の2種類なんだよね。必要なのは。

作品プリントの時は、一般的な印刷物でのやり取りにつかう印刷用が使えるのかなぁと思って、Prolabo Createに電話して聞いてみたんだけど、結局はディスプレイは個体差もあるし、プリント見本を付けてそれに近づける&コメントで指示するのが一番なんだって。

追記2:

うーむ、早速、プリンタ用に調整し直したハイキーな写真をプリントしてみましたが…さらにハイキーで出力されました(涙

なかなか完全にうまくいくのは難しそう。

家の蛍光灯も普通のだしなぁ。5000Kのデスクライト買うか…^^;

|ロ`)ぬあー!ColorEdge CS230-cnがとどいたぁ!

|_・)b ついにEizoのデスプレイを手に入れちゃいましたよ!って話なんですけどねっ。

そう、思えば昨年のCP+2015で、写真家の根本タケシさんのトークイベントで知って以来ほしかったEizoのColorEdge CS230-cn!年明けに買っちゃったんです!(クレカのポイントとかも使って!^^;)

Eizo ColorEdge CS230-cn

そりゃね、このCS230はColorEdgeの中では廉価版で、AdobeRGBにも対応していないですけどね、sRGBですけどねっ!でも、ちゃんとした色を表示するために造られたディスプレイですからねぇ。根本タケシさんも言ってたし!!ほっほっほ。

付属のキャリブレーションソフトColorNavigator6は、前に買ったx-riteのi1 Display Proにも対応しているのでキャリブレーションも簡単^^

いやぁ、写真見ましたよ。いままでの写真。

結構違う><け  っ  こう!

こりゃ、ぜんぶ現像しなおしだなぁ^^;

でもまぁ、SIGMA 50mm f1.4 DG HSM買った時もそうだったけど、基準ができたので、安心して作業できるようになりそう^^

あとはプリンタかな?いつになることやら…。