昭和記念公園のコスモス&Nikonのピクチャーコントロールについて

今日は、奥さんとワンちゃんと昭和記念公園に行ってきました。

コスモス、品種によってはちょうど見ごろを迎えてて、天気も良くて。

さて、まぁ、コスモスはいいとして、今日、いろいろわかったことが。

まず1つめ。

いままでNikonのピクチャーコントロール(ビビットだったりポートレートだったり、あらかじめ用意されてるフィルタみたいなの)、少しコントラストを落としたオリジナルを使ってたんです。

で、最近、あるフォトグラファーさんがNikon Dfで撮ってる写真を見て、その人、ポートレートを使ってて、いいなと思って使ってみたわけです。

うん、ポートレートいい。使いやすい。

つぎ2つめ。

Nikonは最近のラインナップからこのピクチャーコントロールを新しいものに変更したんです。

そう、Nikon D600は古いピクチャーコントロール、D810以降は新しいピクチャーコントロール。

RAW現像ソフトCapture NX-Dを使うと、D600で撮ったNEFファイルでも、現像時に新しいピクチャーコントロールを適用することができるんですが、今日までは、新しいピクチャーコントロール、古いのに比べて明るくなるし、ちょっとなぁと思って使ってなかったんです。

でもでも、今日、試しに比べてみたんですが…芝生の写真で比べたら…変わりすぎやん!!すっきりやん!

Nikon D90を買った時からず~っと、Nikonの色って野暮ったいなぁって思ってて、やっぱりCanonとかSonyはもともと映像系で色づくり、絵づくりが良いけど、Nikonは地味だよなと思ってて、やっと?やっと気が付いたの??って感じです^^;

古いピクチャーコントロール
古いピクチャーコントロール
新しいピクチャーコントロール
新しいピクチャーコントロール

まー、Nikon使ってない人にはあんまり違いがわからないかもしれませんが、少しすっきり、彩度ものってパッとみが良くなってます。

いままではNikonは地味だからPCで調整するのが苦じゃない人にしか進めようと思わなかったんですが、これならまぁ大丈夫かなぁ。

てか、Nikonさん、いまさらですか!!^^;