|ロ`)ごめんなさい、またレンズ落札しましたっ!TAMRON 135mm F2.5 (03B) & F2.8 (CT-135)

|_・) おかしいなぁ。こんなはずじゃなかったんだけどなぁ。2本もレンズが増えちゃったw

レンズを探す気なんてまったくなかったんですよ?えぇ。ただ、ずーっと前に設定したオークションのアラートとか、検索設定を削除しようとしただけなんです!悪気はなかったんです〜〜><。

で、ふと、そういえばなんか面白いレンズないかな?ああ、Tokinaのレンズとか…ないかな。じゃ、TAMRONは…ん?お?TAMRON 135mm F2.8?ほほー。→Googleで調べまくる→うーん、F2.5の方がSP90mm(52B)みたいでかっこいいなぁ。でも、即決で安い!!F2.5も出てないみたいだし、出てても高いだろうし…ポチッ…フフフ。

翌日…。

135mm F2.5は出てないよなぁ。→ヤフオクで検索→ないない。他にどんなレンズ出てるんだろう?→ヤフオクで検索→あれ?ん??あれれぇ?135mm F2.5??なんであるのー!?まいっか。ポチッ。

実は最初のF2.8を落札した時点で、すでにF/2.5は出品されてたんだけど、「135mmF2.5」とmmとFの間にスペースなしでタイトルが登録されていて、そうするとヤフオクの検索で「135mm 2.5」と検索しても引っかからなかったようで…。うん、そんなこともあるよね!

ということで、我が家にTAMRON 135mm F2.8(CT-135)とTAMRON 135mm F2.5(03B)がやってきたわけなんです^^

TAMRON CT-135(左)と03B(右)
TAMRON CT-135(左)と03B(右)

CT-135も03BもアダプトールII(※)対応なので、うちにあったニコン用のアダプトールIIマウントをつけてNikon D600に。
※アダプトールII:当時のTAMRONレンズは各メーカー用共通で、マウント部分に各メーカー用のアダプタ(アダプトールIIマウント)を付けて使うシステムだったんです。アダプタは簡単に付け替えられるので、複数メーカーのカメラを使う人や、メーカーを乗り換える時はとても便利なシステム。

CT-135はTAMRONのサイトによると1976年発売1979年製造終了(推定)で、03Bは1979年発売で1984年まで製造されていたモデルとのこと。1979年以前のアダプトールレンズと以降のアダプトールIIレンズ。その2つを同時に手に入れたと思うと、ちょっと感慨深いですねぇ。

で、03Bは当時のTAMRONらしいストレートなフォルムがかっこいいし、CT-135はその前期という感じのレトロ感とコンパクトなボディがいい!

ちょっと試し撮りした感じでは、光学性能も操作感もほとんど同じ感じ。両方ともBBARコーティングで、やっぱりちょっと逆光には弱め。開放で光を反射してるものを撮ると、ちょっと色収差が出る。まぁ、しかし、時代を考えれば、相当優秀なレンズなんだと思います^^

Nikon D600+TAMRON 135mm F/2.5 (03B)+LightRoom
Nikon D600+TAMRON 135mm F/2.5 (03B)+LightRoom

↑写真はLrで加工してます^^;

しばらくマニュアルレンズのピント合わせの訓練がてら使っていこうと思います^^

|ロ`) 「杉本博司 ロスト・ヒューマン」展覧会行ってきた!

|_・)いやー、ずいぶん間が空いてしまいました。忙しかったんですよ?仕事。もーほんとしんどかった(涙

今日は初めて恵比寿にある東京都写真美術館に行ってきました。

恵比寿の東京都写真美術館。
恵比寿の東京都写真美術館。

きっかけは、お仕事でお世話になっている超大御所のイラストレーターさんとランチしてる時に、「きれいな写真も撮りたいんですけど、自分なりのテーマを見つけたいんですよ」って話をしたら杉本博司さんの話をしてくださって、ぜひ観てきたらいいよと薦めていただいたこと。

その時に「廃墟劇場」シリーズの話を聞いて、実際に観てみたいなぁと。

展覧会は、

杉本博司 ロスト・ヒューマン
https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-2565.html
シリーズ<今日 世界は死んだ もしかすると昨日かもしれない>
シリーズ<廃墟劇場>
シリーズ<仏の海>

どんな写真が!?とドキドキしながら3Fに上がってみて度肝を抜かれました^^;

3Fをめいっぱい使ったインスタレーション。もう最初は頭の中が混乱してて、でも進んでいくうちにそのコンセプトのおもしろさというか世界観に…すごく重い内容なのに…ニヤニヤしたり。
2Fの「廃墟劇場」は写真としてもとてもすごいのだけど、それを見る人たちが、必ず足元の映画のタイトルを見てしまう、そのことに、そのコンセプトの力に魅せられました。

いやぁ、いまこのブログを書きながらも、今日見てきた写真展を思い出したり、これからどんな写真を撮っていこうかと考えたりしてます。

観終わったあと、1階のカフェでおいしいパンを食べながらちょっと休んで帰ってきました。

写真はNikon D600に、写真を始めた頃に父親からもらったAi Micro Nikkor 55mm f3.5をつけて。